構成管理データベース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

構成管理データベース(Configuration Management Database、CMDB)とは、情報システムの全コンポーネントに関する情報の統合された保管・管理(構成管理)を行うデータベース

概要[編集]

CMDB は組織がコンポーネント間の関係を理解することを支援し、その構成を管理できるようにする。CMDB は ITIL フレームワークの構成管理プロセスの中核となっている。

CMDB は構成要素(configuration item、CI)とその重要な属性の詳細を記録し、CI同士の関係を記録する。CIは一般に3つの構成可能な属性で記述される:

  1. 技術的属性
  2. 所有者属性
  3. 関係属性

CMDB実装で鍵となるのは、CIに関する情報を自動的に発見する能力(自動検出)と変更に自動的に対応できる能力である。 自動的に対応するためには、インベントリ収集や監視システム、サービスデスク、チケットシステムとのAPI連携が必要となる。 CMDB にはメタデータが含まれるため、こちらも大規模なIT組織で使われているメタデータ・リポジトリ(あるいはレジストリ)と概念的にオーバーラップする。構成管理はデータの保持と更新の方法を与えるものであり、その部分がメタデータ・リポジトリでは従来から弱点とされていた。

参考文献[編集]

  • Office of Government Commerce (OGC), ed.: Service Support. IT Infrastructure Library (ITIL). The Stationary Office, Norwich, UK (2000)
  • OGC, ed.: Introduction to ITIL. IT Infrastructure Library. The Stationary Office (2005)
  • CMDBuildインストール手順

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • CMDBuild オープンソースCMDB(Java言語で開発、日本語化あり)
  • OneCMDB オープンソースCMDB(Java言語で開発)
  • PortfolioCMDB
  • i-doit オープンソースCMDB(PHP言語で開発)
  • ITOP オープンソースCMDB(PHP言語で開発)
  • Ralph オープンソースCMDB(Python/Djangoで開発)