八幡神社 (かほく市森)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
森城 (加賀国)から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
八幡神社 (かほく市森)
Hachimanjinja-kahoku.JPG
所在地 石川県かほく市森ツ2番地
位置 北緯36度42分58.37秒
東経136度42分48.13秒
主祭神 応神天皇
社格 無格社
創建 承和8年(841年)
例祭 6月14日
テンプレートを表示

八幡神社(はちまんじんじゃ)は、石川県かほく市森ツ2番地にある神社

概要[編集]

境内は鬱蒼とした森に覆われ、全体が小高い丘となっている。西田幾多郎生誕の地のごく近くに位置する。また、近隣に西田の墓がある。

祭神は、応神天皇

創建は承和8年(841年)。

旧社格は無格社。

かほく市横山の賀茂神社末社だという。

森城について[編集]

神社のある丘の上には、かつて森城と呼ばれる日本の城)があった。現在、曲輪土塁などの僅かな遺構が残っている。築城年は不明。

文化財[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 八幡神社内に設置されている立て札の文章を参考にした。著者は未記載(設置された年月日も未記載)
  • 『石川県神社誌』編集 石川県神社庁(発行 石川県神社庁 昭和51年10月26日)