梅素薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梅素 薫(ばいそ かおる、生没年不詳)は、明治時代浮世絵師

来歴[編集]

梅素亭玄魚の門人。姓は宮城、名は薫。玄魚の子。梅素または梅素亭と号す。父に絵を学び、明治20年代に活躍、化粧品店を経営していたといわれ、衣服図案意匠の工夫に長けており、張交絵などの錦絵を描いている。

作品[編集]

  • 「東京自慢名物会」 大判 揃物 張交絵 明治29年 豊原国周と合作

参考図書[編集]