桂才賀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桂 才賀(かつら さいが)は、落語家名跡。当代は7代目。

桂文治桂文楽に次ぐ江戸桂派において由緒ある名跡である。

7代目[編集]

7代目 かつら 才賀さいが
本名 谷 富夫
生年月日 (1950-07-12) 1950年7月12日(69歳)
出身地 日本の旗 日本東京都大田区
師匠 9代目桂文治
3代目古今亭志ん朝
名跡 1. 桂文太(1972年 - 1978年)
2. 古今亭朝次(1978年 - 1985年)
3. 7代目桂才賀(1985年 - )
出囃子 野毛山
活動期間 1972年 -
活動内容 古典落語
所属 落語協会
受賞歴
国立劇場金賞(1988年)

7代目 桂 才賀(かつら さいが、1950年昭和25年)7月12日 - )は、東京都大田区出身の落語家落語協会所属。本名は谷 富夫(たに とみお)。出囃子は「野毛山」。紋は「鬼蔦」。

9代目桂文治に入門を申し込んだところ、「入門したければ自衛隊に3年入隊なさい」と言われ、本当に海上自衛隊へ入隊し、3年の任期(一般隊員としての1任期)を満了まで勤め上げた後、再度門を叩いた。当時、文治は断り文句のつもりでこの発言をしており、完全に忘れていた。しかしその後、めでたく入門したというエピソードを持っている[1]

古今亭朝次時代の1980年に『笑点』(日本テレビ)の大喜利メンバーとなり、才賀襲名後の1988年まで出演していた。

『笑点』卒業後、テレビ東京生放送!おもしろ寄席』におけるハリセン大喜利(司会:みのもんた、つまらない答えを出すと5代目鈴々舎馬風扮するハリセン大魔王に叩かれる。罵倒合戦が多かった)のレギュラーだったことがある。

少年院などへの慰問活動の際の共通の話題づくりのためにと自動車やバイクのレースに興味を持ち、国内B級、国内A級のライセンス、公式審判員の資格も取得。富士スピードウェイでの「富士フレッシュマンレース」(のち「富士チャンピオンレース」)の審判員を務めたこともある。

時々「篠原流踊り」を、自身が主任の高座で披露していた。背中に背負っている子役を演じたのは立川左談次である。落語立川流は定席寄席に出られなかったが、左談次は「高座を踏んでいない」という理屈で出演していた。

略歴[編集]

弟子[編集]

笑点での朝次→才賀[編集]

笑点』若手大喜利での活躍が認められて、1980年11月2日に大喜利メンバーに抜擢される。これは、加入前月(1980年10月5日)の4代目三遊亭小圓遊の急逝により、それを補充するためであった[2]。色紋付は林家九蔵(現:三遊亭好楽)が着ていたピンクの色紋付を着用することとなり[3]1988年3月27日の勇退まで通した。

歴代『笑点』メンバーで、加入当時二つ目であったのは才賀が最後である(小遊三以降は加入以前に真打昇進)。また、落語協会所属の笑点メンバーで、「林家」姓を名乗っていない落語家も2017年現在才賀が最後である。

強面の容姿であったが、三遊亭小圓遊の後を引き継ぎキザなキャラクターを踏襲した[2]。1983年にメンバー入りした三遊亭小遊三とは、自称色男の小遊三とキザな立ち回りの才賀で罵倒合戦が繰り広げられた[2]

慰問活動[編集]

全国の刑務所拘置所少年院への慰問活動を積極的に行っていることで有名であり、慰問の回数は1000回を軽く超える[2]。もともとは、笑点メンバー時代の1983年に妻の実家のある沖縄県の沖縄少年院に慰問に行ったのが最初で、その後北海少年院、久里浜少年院と慰問に訪れるが、この3つの少年院の院長が偶然にも同一人物(人事異動で沖縄→北海道→久里浜と転勤していた)だったという縁もあり、久里浜少年院の慰問の際に篤志面接委員の委嘱を受けて承諾。以後、少年院はもちろん、少年院で関係を持った職員達が刑務所や拘置所に異動したこともありそちらへの慰問も行うようになっていく。

1993年には自らを隊長に芸人慰問団「統幕芸激隊」を結成(「統幕」は統合幕僚会議の略。「芸激」は芸で激励するの意。才賀が「慰問」では辛気臭いということで命名)。現在は副隊長の大田家元九郎、「甲板士官」の三遊亭歌武蔵ら総勢78名、大阪支部もできるほどになっている。

篤志面接委員ということもあり、慰問を通じて感じた家族や社会の抱える問題についての講演活動も行っている。

関連書籍[編集]

  • 子供を叱れない大人たちへ(2003年11月発行/実務教育出版):著書 ISBN 4788907135
  • 刑務所通いはやめられねぇ 〜笑わせて、泣かせる落語家慰問〜(2008年8月発行/亜紀書房):著書 ISBN 9784750508108
  • 漫画で味わう古典落語の世界(2009年9月発行/インフォレスト)(絵)すみだ京 :監修 ISBN 4861904714
  • もう一度、子供を叱れない大人たちへ 少年院慰問1000回を超える落語家から親・教師へのメッセージ(2015年9月発行/実務教育出版)著書:ISBN 4788911574

脚注[編集]

  1. ^ 元「笑点」メンバー・桂才賀、“受刑者を誰よりも笑わせてきた噺家”の半生に迫る - 2016年5月29日 日刊SPA!
  2. ^ a b c d e ぴあMOOK『笑点五〇年史 1966-2016』125ページ
  3. ^ 紋付が小圓遊の水色とならなかったのは、人気落語家の後釜というプレッシャーを軽減させる意向があったとされており、水色の紋付は九蔵が着用し、1983年の一時勇退まで通している。

外部リンク[編集]