柳家さん助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柳家 さん助(やなぎや さんすけ)は、落語家名跡

代外[編集]

記録上、過去に「さん助」を名乗った落語家は、以下が存在している。

後述の松本光春のさん助は、『古今東西落語家事典』には3代目、『ご存じ 古今東西噺家紳士録』では2代目と記載されている。松本光春の節は、自称に従って2代目に統一する。

2代目[編集]

2代目 柳家 さん助やなぎや さんすけ
本名 松本 光春(まつもと みつはる)
生年月日 1926年8月6日
没年月日 (2011-09-09) 2011年9月9日(満85歳没)
出身地 日本の旗 日本埼玉県大里郡寄居町
師匠 5代目柳家小さん
名跡 1. 柳家小春(1951年 - 1954年)
2. 柳家小三太(1954年 - 1961年)
3. 2代目柳家さん助(1961年 - 2011年)
出囃子 しゅんどう
活動期間 1951年 - 2011年
所属 落語協会
備考
落語協会相談役(2006年 - 2011年)

2代目柳家 さん助(本名:松本 光春(まつもと みつはる)、1926年8月6日 - 2011年9月9日[1])は、埼玉県大里郡寄居町出身の落語家落語協会所属。2006年から落語協会相談役を務めた[1]出囃子は『しゅんどう』。

頭に丁髷を結っていたことで知られている。二つ目時代に探偵のアルバイトをしていたが、丁髷が目立って仕事にならなかったため、すぐに辞めている。

略歴[編集]

3代目[編集]

柳家さん喬門下の4代目柳家さん弥2015年3月に3代目柳家さん助を襲名予定。

詳しくは柳家さん助 (3代目)を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 時事ドットコム:柳家さん助氏死去(落語家)