松平信重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 信重(まつだいら のぶしげ、寛永9年(1632年) - 正徳4年11月11日1714年12月17日))は、江戸時代旗本寄合

播磨明石藩主・藤井松平家嫡流の松平忠国の三男として生まれる。万治2年(1659年)、父の死去により次兄・信之が家督を相続した際に5000石を分与される。延宝7年(1679年)、次兄が明石から大和郡山へ転封されるとこれに随従し、大和国では生駒に5000石を拝領した。貞享2年(1685年)、老中となった次兄が下総古河へ転封されるが、信重は生駒に留まり、旗本として独立した。家督は子の信周が継いだ。