木殺し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
  1. 木殺し(きごろし)は木工技術の一種。ホゾ組みなどの際に、ホゾを玄翁で叩くことで圧縮することで組みやすくする。組んだ後で木の復元力によってホゾが膨らみ、接合力が強化される。叩きすぎるとホゾが割れるので注意。
  2. 玄翁の打面のうち、丸みを帯びている側。木材の表面に傷を付けにくいため、釘を打つ際の打ち終わりや1.の木殺しの際に使用する。