朝鮮キネマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朝鮮キネマ株式会社
種類 株式会社
市場情報 消滅
本社所在地 大日本帝国の旗 大日本帝国 朝鮮
釜山府本町5丁目19番地
(現在の釜山広域市中区東光洞5街)
設立 1924年7月11日
事業内容 映画の製作・配給
代表者 名出音一
資本金 7万5,000円
関係する人物 高佐貫長
羅雲奎
テンプレートを表示

朝鮮キネマ株式会社(ちょうせんキネマ-、1924年7月11日 設立 - 1927年 倒産)は、かつて存在した日本統治時代の朝鮮(現在の大韓民国)の映画会社である。

略歴・概要[編集]

1924年(大正13年)7月11日、当時日本が統治していた朝鮮・釜山府本町5丁目19番地(現在の釜山広域市中区東光洞5街)に設立される[1]。同府内・西町二丁目12(現在の中区新昌洞2街12 )に存在した日蓮宗妙覚寺の別院・日蓮宗妙覚寺[2]の婿養子に入った高佐貫長(のちの高佐日煌)が中心となり[1][3]、釜山の財界の協力を得、釜山銃砲火薬店の名出音一を代表とし、阿久津正明を支配人とした[1]。近辺の伏兵山に撮影所を建設、日蓮宗を伝道することを目的とした映画を製作、移動上映を中心に配給・興行した[3]

取締役に就任した高佐は、撮影所を統括し、「王必烈」のペンネームで脚本を書き、映画を監督した[1]。高佐の映画製作に関する素養は、横浜の大正活映トーマス・栗原に薫陶を受けたものとされる[1]。同年、設立第1作として『海の秘曲』を日活と提携製作、同年11月24日に東京・浅草公園六区三友館等で劇場公開された[4]

1926年(昭和元年)に製作した『アリラン』は同年10月1日に公開され[1]、本土の上映は、当時メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)の輸入代理店であったヤマニ洋行が行うべく、同年12月22日に検閲を受けた記録がある[5]

1927年(昭和2年)、倒産する。高佐は釜山・妙覚寺を去って本土に戻り、『日宗新報』の主筆となるが同志は同年廃刊となっている[3]

Internet Movie Databaseの Chosun Kinema の項に掲載されている1935年(昭和35年)以降の作品[6]との関係は#Chosun Kinemaの節に詳述する。

おもなフィルモグラフィ[編集]

中田久人の『朝鮮劇映画作品リスト(1919-1993)』を参照した「朝鮮キネマ株式会社」(釜山でお昼を)[1]のリストを基本とし、日本映画データベース[7]、Internet Movie Database[6]で補完した。

Chosun Kinema[編集]

Internet Movie Databaseの Chosun Kinema の項には、朝鮮キネマ株式会社が製作した作品である『アリラン』(Arirang)、『風雲児』(Soldier of Fortune)、『野鼠』(Field Mouse)のほか、同社の倒産後7年が経過した1935年(昭和10年)以降の作品が8作リストアップされている[6]

なかでも1943年(昭和18年) - 1944年(昭和19年)の時期の作品群、Portrait of Youth, Geogyeong jeon, Byeong jeongnim はそれぞれ、『若き姿』(1943年、監督豊田四郎)、『巨鯨伝』(1944年、監督方漢駿)、『兵隊さん』(同)であり、これらは1942年(昭和17年)9月に日本が朝鮮に設立した国策映画会社「朝鮮映画製作株式会社」の作品が、混同されているものである[10]

1935年(昭和10年) - 1936年(昭和11年)の時期の作品群、Salsucha, Fig Tree, Shadow, Incident of the 7th Bamboo Flute の4作は、それぞれ『撒水車』(1935年、監督方漢駿)、『無花果』(同年、監督羅雲奎)、『』(同)、『七番通小事件』(1936年、同)であるが[6]、製作会社については不明である。上記国策会社とも異なる「朝鮮映画株式会社」が設立されたのは、1937年であるので、これには当たらない[11]

残る1作 The Nature of Cheju IslandChejudo pungtoki, 済州島風土記)は、日本統治後の1946年4月15日に公開されているが[12]、製作がいずれの企業によるものかは不明である。

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g 朝鮮キネマ株式会社、釜山でお昼を、2010年7月1日閲覧。
  2. ^ 日蓮宗妙覚寺、釜山でお昼を、2010年7月1日閲覧。
  3. ^ a b c 高佐日煌の教学澁澤光紀、日蓮宗現代宗教研究所、2010年7月1日閲覧。
  4. ^ 海の秘曲日本映画データベース、2010年7月1日閲覧。
  5. ^ アリラン、日本映画データベース、2010年7月1日閲覧。
  6. ^ a b c d Chosun Kinema, Internet Movie Database (英語), 2010年7月1日閲覧。
  7. ^ 朝鮮キネマ、日本映画データベース、2010年7月1日閲覧。
  8. ^ 闇光、日本映画データベース、2010年7月1日閲覧。
  9. ^ Soldier of Fortune - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年7月1日閲覧。
  10. ^ 第8章 『若き姿』の国策性と新体制以後の国策映画の一覧朝鮮総督府の植民地統治における映画政策卜煥模早稲田大学、2010年7月2日閲覧。
  11. ^ 第7章 朝鮮映画国策化における新体制の展開、朝鮮総督府の植民地統治における映画政策、卜煥模、早稲田大学、2010年7月2日閲覧。
  12. ^ The Nature of Cheju Island - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年7月2日閲覧。

外部リンク[編集]