有馬義祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

有馬 義祐(ありま よしすけ、生年不明 - 応永28年9月26日1421年10月22日))は、室町時代武将摂津有馬氏の祖。父は赤松則祐。兄に義則時則満則持則義房、弟に祐秀。姉妹に細川頼元室。子は持家

兄義則が赤松家の後を継ぎ播磨国備前国の守護職に任命された為、義祐は播磨の守護代となる。明徳2年(1391年)の明徳の乱の戦功により摂津国有馬郡有馬荘の地頭職に任命され、その土地の名を取って姓を有馬とした(有馬郡は細川氏への牽制の為に赤松氏が分郡守護とされた[1])。応永15年(1408年)、兄義則が出家し、その子満祐が家督を継ぐと、義祐は守護大名同様に将軍家に仕えることとなる。

応永28年(1421年)、一族内の抗争により、2歳の孫と共に赤松家の若党に殺害される。

脚注[編集]

  1. ^ 天野忠幸「摂津における地域形成と細川京兆家」『増補版 戦国期三好政権の研究』(清文堂、2015年) ISBN 978-4-7924-1039-1

関連項目[編集]