日韓協約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日韓協約(にっかんきょうやく)とは、日露戦争から韓国併合にいたる1904年1907年の間に、日本大韓帝国李氏朝鮮、韓国)との間で締結された3つの条約の総称。

これらの条約により日本は韓国を事実上の保護国とし、1910年の韓国併合へ進んでいくことになる。現在、大韓民国においては日本の圧力の下で調印された条約であり、そもそも無効であるという主張が強くなっている