日本産魚類図説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本產魚類圖說
著者 田中茂穂 • 阿部宗明 • 冨山一郎
発行日 1911年(第1巻)
発行元 大地書院(武蔵野町
z. p. Maruya(丸屋)
風間書房(増補改訂)
丸善
阿部宗明
ジャンル 図鑑
日本の旗 日本
言語 日本語 • 英語
コード NCID BA52293448
OCLC 672675639
Portal.svg ウィキポータル 書物
Portal.svg ウィキポータル 生き物と自然
Portal.svg ウィキポータル 自然科学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

日本産魚類図説 (にほんさんぎょるいずせつ、英語: Figures and descriptions of the fishes of Japan, including Riukiu Islands, Bonin Islands, Formosa, Kurile Islands, Korea, and Southern Sakhalin. )は、日本の魚類図鑑である。

概要[編集]

「近代魚類分類学の父」として知られる東京帝国大学田中茂穂によって、1911年から1930年にかけて編纂され、48巻にわたって287種(うち41の新種を含む[1])の詳細な記載がおこなわれた[2]1953年よりその続きとなる巻次を阿部宗明および冨山一郎によって編纂が続けられ1958年までには59巻にのぼる大著となった[2][3]1994年、60巻の増補版が出版された[4]

来歴[編集]

1911年、第1巻を発刊。当初より田中茂穂の私費による自費出版であった[5]。第30巻以降より[6]財団法人啓明会の助成が1919年7月により6ヵ年間にわたってされる裁定がなされた[5][6]1935年、第1巻から第30巻まで限定200部を定価60にて大地書院より復刊する[6]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 坂本一男 2005.
  2. ^ a b 河野博 2009.
  3. ^ 瀬能, 松浦 & 篠原 2009, p. 390.
  4. ^ なお国立国会図書館サーチでは、全国書誌番号:96050554、第60巻(1994年)までの書誌情報が確認できる。
  5. ^ a b 啓明会・編 1935.
  6. ^ a b c 大地書院 1934.