播磨の国一揆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

播磨の国一揆(はりまのくにいっき)は、室町時代1429年正長2年)2月、前年の正長の土一揆の影響を受け起こった政治的要求に基づく一揆である。播磨の土一揆(はりまのつちいっき)とも。

播磨国兵庫県南西部)守護赤松満祐の配下の軍兵の国外退去、荘園代官の排除を要求して蜂起するが、赤松満祐に鎮圧される。国一揆の始まりとも言われる。

中山定親の『薩戒記』に記述がある。

「…或る人曰く播磨国の土民旧冬の京辺の如く蜂起し、国中の侍悉く攻むるの間、諸庄園代、加之守護方軍兵彼等の為に、或ひは命を失ひ、或ひは追ひ落とさる。一国の騒動希代の法なりと云々。凡そ土民、侍をして国中にあらしむべからざる所と云々。乱世の至なり。よりて赤松入道発向し了んぬ者」