接点復活剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

接点復活剤(せってんふっかつざい)は、電気的な開閉器(いわゆるスイッチ)やコネクタ等のうち、特に電子機器のようないわゆる弱電を扱うものの金属接点の防錆と潤滑、洗浄と良好な状態の継続を目的とした薬剤(いわゆる「ケミカル」)である。

可変キャパシタ(バリコン)や、ラジオではチューニングのメカ類など、特にスプレーを使う際には接点ではないものに付着させないよう注意が必要である。薬剤成分の残留を嫌うような対象に対しては、当薬剤ではなく揮発成分のみから成る別種のクリーナーを使わなければならない。また、摺動接点のように機械的に除去されやすいスイッチには、粘性の高い「コンタクトグリース」がある。他には、リレーの接点のように、電圧やインダクタンスによって火花が発生するようなスイッチでは、条件によってシリコーン等に由来する、雰囲気中のシリコン(珪素)が火花で分解・酸化し酸化シリコンが付着堆積し接触不良を招くことがある[1]など特殊なため、専用の「リレークリーナー」を使用する。

使い方[編集]

基本的に通電状態での使用はしないこと、また、対象の金属接点(ボリューム等では炭素接点)以外への付着を避けるようにしなければならない。

  • 対象と周辺のチリ、ホコリ等を除去する
  • 接点に錆等が発生している場合は、ヤスリ等による機械的除去や、薬剤(商品名「接点ブライト」)による化学的除去により、除去しておく
  • 錆や、前項でヤスリ等を使用したために表面が荒れている場合は、金属磨き等で磨いて滑らかにしておく
  • 接点洗浄剤などを併用する場合は、まずそちらで洗浄する
  • 接点復活剤をスプレー・あるいは塗布し、スイッチやコネクタであれば、何度か断続させる
    • 場合によっては、いったん拭き取った後、同様に数度繰返す
  • チリ、ホコリ等が付着しにくいスイッチボックス内などであれば、比較的多目に残しておく。付着しやすい場合は、拭き取っておく

参考文献[編集]

脚注[編集]