慶州国際マラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

慶州国際マラソン(キョンジュこくさいマラソン)は、大韓民国慶尚北道慶州市で、毎年秋に開催されるマラソン大会。

概要[編集]

市街地にフルマラソンとハーフ、10Km、5Kmの4コースが設定され、多くの市民ランナーも参加して行われる。フルマラソンの参加者は主催者発表で2000人[1]。各コースに制限時間が設けられており、フルマラソンでは5時間以内に完走が求められる。IAAF(国際陸上競技連盟)が定めるレースの格付けはシルバーランク[2]

主催者、主管[編集]

2010年の大会の主催及び主管は、慶尚北道、慶州市、大韓陸上競技連盟、東亜日報、スポーツ東亜。

2011年大会のアクシデント[編集]

コース終盤の右折地点に誘導員が居なかったため、先頭集団がコースを逸脱。3人の選手が失格処分となった。2011年度は、前年度までのコースを変更して行われていた。[3]

出典[編集]

  1. ^ 27キロ地点の「丘」で優勝決まる、慶州国際マラソン(東亜日報2011年10月15日)2011年10月17日閲覧
  2. ^ 慶州国際マラソン大会(グレーストラベル慶州旅行情報ホームページ)
  3. ^ <マラソン>世界陸上大会を開催した国でこんなことが…(中央日報2011年10月17日)2011年10月17日閲覧

外部リンク[編集]