慈憲皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

慈憲皇后(じけんこうごう、? - 1153年)は、の廃帝海陵王の母。姓は大氏

生涯[編集]

渤海王家に連なる大昊天の娘。天輔年間、遼王完顔宗幹の側室となった。

海陵王が即位すると、皇太后となり、永寧宮と称した。

貞元元年(1153年)4月、病に倒れた際、海陵王が10万の賞金を懸けて名医を探したが、その甲斐もなく崩御した。「慈憲」とされて、宗幹(徳宗の廟号が贈られ追尊されていた)と合葬された。世宗時代の大定7年(1167年)、海陵太妃に追降された。大定20年(1180年)、遼王夫人に再追降された。『金史』には海陵母大氏と記される。

子女[編集]

  • 男子:迪古乃(海陵王)、梧桐
  • 女子:平陽長公主

伝記資料[編集]