愛甲季平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

愛甲 季平(あいこう きへい、生没年不詳)は、江戸時代中期の儒学者[1]。愛甲源左衛門とも[2]

経歴・人物[編集]

室鳩巣に学び、江戸から目付役として赴き薩摩藩儒となった[1][2]宝暦年間に幕命により薩摩藩が行った治水工事である宝暦治水の役人にも名を連ねた[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『愛甲季平』 - コトバンク
  2. ^ a b 鹿児島県/展示替え情報(平成28年2月)、2018年8月23日閲覧。
  3. ^ 【PDF】養老町と薩摩義士 - 養老町の歴史文化資源、2018年8月23日閲覧。