愛新覚羅胤シ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「愛新覚羅胤禔」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

愛新覚羅 胤禔(あいしんかくら いんし、1672年3月12日 - 1735年1月7日)は、康熙帝の長男。母は恵妃のナラ氏。名は雍正帝の即位後に允禔と改めている。

生涯[編集]

庶出子のために立太子されなかったが、才気に富み、対ジュンガル戦で活躍した。父帝の信任も篤く、多羅直郡王、鑲藍旗の旗主に封じられた。

康熙47年(1708年)、太子の胤礽(康熙帝の嫡出次男)が廃位・投獄された。胤禔は、廃太子の監視、塞外や都の治安を一任された。新太子を自認して得意のあまり、胤禔は胤礽の誅殺を扇動されると自ら進んで加担しようとした。この行動が父帝の怒りを買い、チベット僧に依頼して胤礽に対する呪詛を行ったことが胤祉(康熙帝の三男)によって暴露されると、王位を剥奪され自宅軟禁に処せられた。

雍正帝(康熙帝の四男)の時代も軟禁を継続され、雍正12年12月14日(1735年1月7日)に死去した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]