怨み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

怨み(読み: うらみ、うらめしみ、表記揺れ: 恨み憾み)は、他者からの仕打ちに対して不満と思い、憤って憎む気持ちのことを指す[1]。また、心残りや悲しみなどを指すこともある[2]。「怨み」(うらめしみ)という言葉は、形容詞「うらめしい」の語幹に、連用修飾語の「み」をつけたものが語源となっている[3]怨念(おんねん)、怨恨(えんこん)ともいう[2]。古来は、怨みや憎しみを持った人の生霊や、非業の最期を遂げた人の霊などが怨霊になると考えられていた[4]

「怨み」を含む言葉[編集]

  • 怨み骨髄に入る(うらみこつずいにいる)[5]
  • 睚眥の怨み(がいさいのうらみ)[6]
  • 徳を以て怨みを報ず(とくをもってうらみをほうず、別名: 怨みに報いるに徳を以てす)[7][8]
  • 身自ら厚くして薄く人を責むれば則ち怨みに遠ざかる(みみずからあつくしてうすくひとをせむればすなわちうらみにとおざかる)[9]

脚注[編集]

  1. ^ 恨み/怨み/憾み(うらみ)の意味 - goo国語辞書” (日本語). goo辞書. 2021年8月17日閲覧。
  2. ^ a b デジタル大辞泉. “恨みとは” (日本語). コトバンク. 2021年8月17日閲覧。
  3. ^ 日本国語大辞典, 精選版. “恨み・怨みとは” (日本語). コトバンク. 2021年8月17日閲覧。
  4. ^ 日本国語大辞典,デジタル大辞泉,世界大百科事典内言及, 日本大百科全書(ニッポニカ),ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,精選版. “怨霊とは” (日本語). コトバンク. 2021年8月17日閲覧。
  5. ^ 故事成語を知る辞典. “怨み骨髄に入るとは” (日本語). コトバンク. 2021年8月17日閲覧。
  6. ^ 日本国語大辞典,デジタル大辞泉, 精選版. “睚眥の怨みとは” (日本語). コトバンク. 2021年8月17日閲覧。
  7. ^ 故事成語を知る辞典. “徳を以て怨みを報ずとは” (日本語). コトバンク. 2021年8月17日閲覧。
  8. ^ 故事成語を知る辞典. “怨みに報いるに徳を以てすとは” (日本語). コトバンク. 2021年8月17日閲覧。
  9. ^ デジタル大辞泉. “身自ら厚くして薄く人を責むれば則ち怨みに遠ざかるとは” (日本語). コトバンク. 2021年8月17日閲覧。

関連項目[編集]