建部到

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

建部 到(たけべ いたる、1929年3月16日 - 1988年6月5日)は、日本の生物学者

略歴[編集]

1952年に東京大学理学部植物学科卒業、1957年に同大学院生物系研究科博士課程修了。植物ウイルスの研究を専門として農水省植物ウイルス研究所(現・農業生物資源研究所)研究室長、名古屋大学理学部生物学科教授を務めた。

1975年に植物病理学の最高名誉とされるヤコブ・エリクソン賞の金メダルを受賞。将来を期待されていたが、1988年、59歳で急死した。

研究[編集]

プロトプラストの単離において重要な役割を果たした[1][2][3]

1967年に建部らは酵素細胞壁を溶かして活性の高いプロトプラストの大量単離に成功する。1971年に門下生の長田敏行とプロトプラストからの植物体再生にも成功した。この快挙を契機に世界中の注目がプロトプラストに集まり、1972年にはアメリカで融合プロトプラストからの雑種植物が誕生した。

主な受賞歴[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]