床弩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宋朝の軍事カタログ『武経総要』の中の双弓床子弩、さらに発展させた三弓床弩も開発された。

床弩(しょうど)は、主に城攻めに使われたを大きくしたような形で台車に固定された兵器である。床子弩牀弩牀子弩とも記述される。長さ2メートルの矢を撃つとされる。墨子には中国の春秋時代に開発されたとある。

オペレーター7人。宋代の三弓床弩は最大射程1.5キロメートルとされる[1][2]

の記によれば、澶淵の戦いの時期に、宋の床弩が400メートル外から2メートルの矢での指揮官を撃ち殺したとある[3]

1960年、南京市秦淮河から、床弩に分類される南朝時代(420年 - 589年)の大型銅弩機が1基発見された[3]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 敦煌古代体育文化/敦煌文化叢書 - 18 ページ
  2. ^ 中国歴代軍事思想 - 224 ページ
  3. ^ a b 冷兵器時代的重型坦克,床弩的射程有多遠?”. 鳳凰新聞. 2018年2月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年2月3日閲覧。

関連項目[編集]