市庁舎郵便局と裁判所 (ニューヨーク市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
City Hall Post Office(1893年)

市庁舎郵便局と裁判所 (City Hall Post Office and Courthouse) は、ニューヨーク市マンハッタンシヴィック・センターにかつて建っていたビルである。

概要[編集]

市庁舎郵便局と裁判所ビルは、ロウアー・マンハッタンブロードウェイ沿い、ニューヨーク市庁舎からシティ・ホール・パークを挟んで南側の三角形の敷地に位置していた。建築家en:Alfred B. Mullettによる設計の第二帝政期建築様式のビルで、1869年から1880年にかけて建てられた。この建物の評判はあまり良くなく、一般的に"Mullettの怪物" (Mullett's Monstrosity) と呼ばれていた。1939年に解体され、この敷地にはシティ・ホール・パークが南に拡張された[1][2]

歴史[編集]

1845年以来、ニューヨーク市の中央郵便局はナッソー・ストリート上のミドル・オランダ教会内に置かれていた。これは18世紀の暗い色の建物で、1860年代までにその容量が拡張された。最終的に議会は新しい中央郵便局の建設に予算を付けることを決定した[3]。このプロジェクトの初期の計画は建設の設計コンペティションを通して実行された。52の設計案が提出されたが、どれも採用されなかった。コンペティションが失敗に終わった後、五つの建築事務所が協働して一つの設計を作成するために選ばれた。こうして、en:Richard Morris Hunt, Renwick and Sands, en:Napoleon LeBrun, Schulze and Schoenそしてen:John Perretが合同でレンウィックのコーコラン美術館およびニューヨーク州会議事堂を参考にした第二帝政期建築のコンセプト作品を作り出した。それに対して、Mullettはこの設計は高額すぎると反対を申し入れ、最終的にMullettがこのプロジェクトを引き受けることになった。しかし、このプロジェクトも結局$8500万かかることとなった[4]。この彼の戦略はMullettの完成作品に対して影響したと考えられる[5]。鉄の骨組みはメイン州ノックス郡のDix Islandで採石された淡い色の大理石で覆われていた[6]。このビルはフランス第二帝政期建築を取り入れており、現存しているセントルイス旧郵便局およびワシントンD.C.旧行政府ビルと類似しており、姉妹のようなものである[7]

この建物の評判の悪さについては、1912年のNew York Timesが次のように書いている:

Mullett郵便局はいつも建築的に目障りであり、最初からその屋根の下に入っている郵政 (Postal Service) や連邦裁判所 (Federal Courts) にとって不満足なものであった[8]

City Hall Post Office and Courthouse(1906年頃)

地上5階(5階はマンサード屋根の内側)の地下2階建てで、地上には中央郵便局、3-4階には法廷および連邦政府機関が入っており、地下1階は郵便物の仕分け室、そして地下2階は機械室となっていた。この建物には、他の郵便局へ効率良く郵便物を配送するために気送管が備わっていた。良くなかったことは、手狭な台形の敷地だったことから、建物の市庁舎とシティ・ホール・パーク側しか郵便物の配送に適していなかった[1]

この建物が建っていた敷地のブロードウェイを挟んだ向かいにはウールワースビルが建っている。時が経つにつれ、建築に対する人々の考え方も変わってゆき、当時は厳しく批評されていたこの建物も現在ではMullettの最高の作品であるとみなされている[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Silver, Nathan (2007). Lost New York (Expanded ed.). New York: Mariner Books. ISBN 0-618-05475-8. 
  2. ^ “Funds Are Voted to Start New Park; Estimate Board Approves of Moses-Carey Plan to Fill Sound View in Bronx; 150-Acre Tract is Aim; Dumping Operations at Riker's Island To Be Transferred to the New Project”. New York Times. (1939年3月3日) 
  3. ^ Burrows, Edwin G. & Wallace, Mike (1999), Gotham: A History of New York City to 1898, New York: Oxford University Press, ISBN 0-195-11634-8 , p. 942
  4. ^ Appleton's Dictionary of Greater New York and its neighborhoods, s.v. "Post-Office" estimated between $6 and $7 million.
  5. ^ Lee, Antoinette Josephine (2000). Architects to the Nation. Oxford University Press. pp. 86–89. ISBN 0-19-512822-2. http://books.google.com/books?id=hjDZz87NF8AC 2009年5月1日閲覧。. 
  6. ^ Appleton's Dictionary.
  7. ^ Snell, Charles W. (1970年2月17日). “National Register of Historic Places Inventory Nomination: Old Post Office”. National Park Service. 2009年4月27日閲覧。
  8. ^ “The Mullett Post Office Site” (PDF). New York Times. (1912年4月28日). http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=9B02E5DD103AE633A2575BC2A9629C946396D6CF 2009年5月1日閲覧。 

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度42分43秒 西経74度00分27秒 / 北緯40.712度 西経74.0074度 / 40.712; -74.0074