工業彫刻技能士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

工業彫刻技能士(こうぎょうちょうこくぎのうし)とは、国家資格である技能検定制度の一種で、かつては都道府県職業能力開発協会が実施していた、工業彫刻に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。

2008年(平成20年)2月27日、機械加工職種に統合され、工業彫刻職種の技能検定試験は廃止された。[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ 職業能力開発促進法施行令の一部を改正する政令(平成20年政令第34号)(インターネット版官報)]
  2. ^ 「数値制御彫刻機の導入等作業内容の変化により、機械加工職種と技能の共通性、生産工程の一体化が認められるので、個別の検定職種としては廃止し、機械加工職種に統合するもの」とされている(職業能力開発促進法施行令の一部改正案について(意見募集)(平成19年12月28日 厚生労働省職業能力開発局能力評価課)

関連項目[編集]