島根県道299号下府江津線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
島根県道299号標識

島根県道299号下府江津線(しまねけんどう299ごう しもこうごうつせん)は浜田市下府町と江津市敬川町を結ぶ一般県道である。

  • 起点:浜田市下府町(国道9号国道186号重用〕交点)
  • 終点:江津市敬川町(国道9号〔国道186号重用〕交点)
  • 総延長:
  • 実延長:

沿革[編集]

  • 1966年3月29日 島根県告示第423号により認定される。
    • 前身は国道9号。それまでの島根県道浜田江津線という一般県道が国道9号に移行したことにより国道9号でなくなった部分が本路線に移行した。
  • 1969年3月1日 那賀郡国府町が浜田市に編入されたことにより起点の地名が変更される(那賀郡国府町下府→浜田市下府町)。
  • 1972年頃 現行の県道番号に変更される。

通過市町村[編集]

  • 浜田市
  • 江津市

地理[編集]

沿線の主要施設

沿線の名所・旧跡・観光地

  • 国鉄今福線(戦前建設放棄線)未成線跡地

接続道路[編集]

関連項目[編集]