山崎あつし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「山﨑あつし」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

山﨑 あつし(やまさき あつし、本名:- 敦史1976年7月12日 - 2006年12月23日)は日本漫画家、同人作家。

神戸市出身、死去時には三重県に在住。名古屋芸術大学芸術学部日本画科卒業。

作品内容は性描写を含む、いわゆる18禁作品がほとんどである。特に着衣プレイ、パンズラ挿入、処女を描くことが多かった。

趣味は車。ケーターハムスーパーセブンを2台も乗り継いでおり、走行会やカーミーティングなどにも参加していた。

2006年12月2日、愛車でドライブ中に事故を起こし意識不明の重体となり、入院したが回復しないまま23日に30歳で亡くなった。

単行本[編集]

  • 制服と処女。
  • 女子高生の処女喪失
  • 着衣性交 -制服編-
  • 私とラブラブ★Hしようよ!

関連項目[編集]