屋比久孟伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

屋比久 孟伝(やびく もうでん、1878年 - 1941年)は明治期から昭和初期にかけての空手家沖縄県首里出身。

少年時代より空手を首里手の大家・糸洲安恒に師事。1911年(明治44年)、衰退する琉球古武道を危惧し「琉球古武術研究会」を設立する。

1930年(昭和5年)に小学校の教員を辞職して上京。翌年に東京笹塚に居を定め、警視庁や大学で、また公民館で空手と琉球古武術を指導した。主だった弟子の中には、後に「琉球古武道保存振興会」を設立する平信賢がいる。 東京で最後に免許皆伝を授けた弟子が田島幸徳(写真資料提供)であり、病床の師に代わり市民を指導した。