尾崎恵一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尾崎 恵一
基本情報
本名 尾崎 恵一
階級 バンタム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1963-12-24) 1963年12月24日(53歳)
出身地 東京都
スタイル 右ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 38
勝ち 19
KO勝ち 2
敗け 17
引き分け 2
テンプレートを表示

尾崎 恵一おざき けいいち1963年12月24日 - )は、東京都出身の元プロボクサーで、現在はスポーツライター。スタイルは右ボクサーファイター。階級はバンタム級。現役時代はオサムジム所属で日本バンタム級王座を2度獲得。後に世界王者となる多くの名ボクサーと対戦した(後述)。

来歴[編集]

現役時代[編集]

1982年9月3日、川手康生戦でデビューも判定負け。

11月1日、松村裕介から判定で初勝利。

1987年1月14日、タイ出身のカオコー・ギャラクシーと対戦するが、判定負け。

1989年3月20日、27戦目で島村聡一が持つ日本バンタム級王座に挑戦し、判定で初タイトル獲得。

6月12日、クラッシャー三浦相手に初防衛戦も、判定負けで王座陥落。

8月30日、フィリピン出身のルイシト・エスピノサと対戦するが、判定負け。

1991年4月13日、岡部繁が持つ日本バンタム級王座に挑戦し、判定で王座奪還。

6月30日、薬師寺保栄に9回TKO負けでまたしても初防衛ならず。

12月14日、山岡正規に判定負けでこの試合を最後に引退

引退後[編集]

引退後はスポーツライターに転じ、1993年から「ワールド・ボクシング(現ボクシング・ビート)」にてコラムを執筆している。

執筆活動と並行して、マラソンに挑戦しており、2008年には44歳にしてサブスリー(3時間未満)を記録した[1]

戦績[編集]

  • プロボクシング:38戦19勝(2KO)17敗2分

獲得タイトル[編集]

  • 第47代日本バンタム級王座
  • 第50代日本バンタム級王座

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
島村聡一
第47代日本バンタム級王者

1989年3月20日 - 6月12日

次王者
クラッシャー三浦
前王者
岡部繁
第50代日本バンタム級王者

1991年4月13日 - 6月30日

次王者
薬師寺保栄