小鍋立て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小鍋立て(こなべだて)は鍋料理のひとつ。文字通り小さな土鍋または鉄鍋で調理する、少人数向けの鍋料理の一種。

概要[編集]

江戸後期に座敷料理として流行した。

都市部では囲炉裏が一般的ではなく、強い火力で調理する大鍋の煮込み料理は座敷では不都合なため、火鉢や七輪で調理しやすいように小鍋が用いられた。

関連項目[編集]