小返しの五本鑓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小返しの五本鑓(こがえしのごほんやり)は、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおける島津氏の敵中突破退却戦の際、下馬して踏み止まり奮戦した島津義弘の家臣5人を顕彰した呼称。

該当者[編集]

参考文献[編集]

  • 本藩人物誌』 鹿児島県史料集(13)(鹿児島県史料刊行委員会)

関連項目[編集]