小笠原崇裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小笠原 崇裕(おがさわら たかひろ、1980年11月22日 - )は、愛知県田原市出身の自転車競技、マウンテンバイク(MTB)、エクステラ(XTERRA:オフロードトライアスロン)選手、UCI(国際自転車競技連合)公認レベル2コーチ、日本スポーツ協会公認自転車コーチ、JCF(日本自転車競技連盟)マウンテンバイクナショナルチームコーチ。

小笠原 崇裕
Takahiro Ogasawara
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
愛称 OGA
生年月日 (1980-11-22) 1980年11月22日(40歳)
国籍 JAPAN
チーム情報
分野 オフロードトライアスロン(XTERRA)、マウンテンバイク(XCO, XCE)、トライアスロン、ロードレース、シクロクロス、トレイルランニング
プロ所属チーム

2002年:TEAM TREK 2003年:TEAM GARY FISHER

2004〜2005年:SUBARU•GARY FISHER(UCI World team)
グランツール最高成績
主要レース勝利

2002年 MTB U23全日本チャンピオン 2007年〜 XTERRAJAPAN 日本チャンピオン

2012年 MTB シングルスピード全日本チャンピオン
最終更新日

来歴[編集]

幼少期から自転車競技全般、トライアスロンで活躍しており、マウンテン・ロード・トライアスロンで数々の戦績を残していた。

2001年にはUCIマウンテンバイク世界選手権(XCO)に初選出され、以降通算5回選出された。

2002年マウンテンバイクU23全日本チャンピオンである。

2002年 TEAM TREK、2003年 TEAM GARY FISHERに所属、2004年からはアメリカに本拠地を移しTEAM SUBARU•GARY FISHER(UCI World team)に所属した。

2004年〜2005年はWorld CupやUS Cup に参戦し当時の日本人過去最高順位を記録した。同時に日本国内の公式レースのJシリーズでも多数入賞した。

尚、この当時GARY FISHER氏が開発した29インチのマウンテンバイクに日本人としていち早く乗っていた。


2007年にはマウンテンバイクのプロ活動に加えてオフロードトライアスロンであるXTERRA(エクステラ)に参戦開始。初参加から日本人トップ選手として活躍し、以降10年以上に渡り海外レースを転戦。

Asia pacific tourなど数々の大会で入賞を果たした(Tour Ranking3位、アジア人1位)。XTERRA JAPANでは日本チャンピオンに8度輝いた。

2010年 からはマウンテンバイクナショナルチームのスタッフとして後身の育成に携わる傍らで、2012年 マウンテンバイク シングルスピード全日本チャンピオンを獲得。 以降2017年にはUCIマウンテンバイク世界選手権(XCE)に参戦するなど、現在まで20年以上日本のトップカテゴリーに属しレースに参戦している。

自ら選手として活動する傍ら、2000年代から大会プロデュースやアドバイザーとしても活動をしており、マウンテンバイクレースの監修のみならず、2014年にはロードレース、2018年以降はオフロードトライアスロン(Offroad triathlon)に携っている。

2019年からはジュニアチーム Fine Nova LAB を発足させた。

雑誌、ラジオ、TV、WEB CMなど、多くのメディアにも登場している。


国内最大のマウンテンバイクマラソンレースである「セルフディスカバリーin王滝 100km」で初の5時間切りを果たした(2003年 優勝)。


マウンテンバイク(MTB)指導者として[編集]

2010年•2011年のマウンテンバイク世界選手権およびマウンテンバイクアジア選手権の日本代表監督として指揮を執った。

2014年には日本ろう自転車競技協会のナショナルチーム監督に就任した(2014年-)。

2017年7月にトルコで開催されたデフリンピック(聴覚障害者のための総合スポーツ競技大会)では、自転車競技監督として、獲得メダル数および入賞率が過去最高となった。

その他、ジュニア選手、ユース選手の育成にも力を入れている。

2019年度よりジュニア(中学生、高校生)を対象にしたマウンテンバイクチーム[Fine Nova LAB]を立ち上げる事が発表された(2018/12/3) [1]

2019年度のFine Nova LAB メンバーの戦績は前年度に比較して向上しており、今後のジュニアシーンの育成に期待が持てる。


オフロードトライアスロン(Off road triathlon)[編集]

2018年 オフロードトライアスロンin菖蒲谷 のアドバイザーを務めたのを皮切りに、オフロードトライアスロンの面白さを日本国内に広める活動を行っており、2020年10月には自身の地元である愛知県田原市で第一回目となるオフロードトライアスロンin TAHARAを開催した。

多くの地元スポンサーがつき、参加者は総勢100名を超えた。会場となった白谷海浜公園の美しい景色も大会に花を添えた。


メディア掲載•講演など[編集]

数々のメディアに指南役として継続的に登場している。

また、学校や企業、各種団体向けの講演も行なっている。

脚注[編集]

  1. ^ [1]