小田恵里花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小田 恵里花(おだ えりか、1987年6月3日-)は、日本クリケット選手[1]クリケット日本女子代表で日本女子クリケットリーグのアドレ・クリケットクラブ所属[2]

来歴[編集]

栃木県出身。幼年から陸上競技やり投げ)に打ち込み、栃木県立真岡女子高等学校日本体育大学時代には多数の競技大会に出場した[3][4]

日体大卒業後はクリケットに転向、2017年3月にクリケット日本女子代表選考会に参加、2017年9月の第2回女子東アジアカップ (香港)の日本代表に選ばれた[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小田 恵里花”. 日本クリケット協会. 2018年7月8日閲覧。
  2. ^ 女子日本代表強化選手団の発表”. 日本クリケット協会 (2018年4月4日). 2018年7月8日閲覧。
  3. ^ 実戦で活きる!やり投げのすべて ~より遠くに投げるための技術&トレーニング~”. JCL. 2018年7月8日閲覧。
  4. ^ 2007全日本学生陸上競技チャンピオンシップ”. 日本学生陸上競技連合 (2007年9月8日). 2018年7月8日閲覧。
  5. ^ 女子東アジアカップ :チーム発表”. 日本クリケット協会 (2017年8月22日). 2018年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]