小原敏人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小原 敏人(こはら としひと、1927年1月15日 - )は日本の実業家日本ガイシ社長・会長、日本ファインセラミックス協会会長等を務めた。勲二等瑞宝章フランス共和国レジオンドヌール勲章シュヴァリエ章、ベルギー王冠章コマンドール勲章、藍綬褒章受章、日本セラミックス協会賞功労賞受賞、在名古屋フランス名誉領事

人物[編集]

神奈川県出身。旧制横浜第一中学(のちの神奈川県立希望ヶ丘高等学校 )を経て、1951年旧制東京商科大学(のちの一橋大学)卒業。大学時代は上田辰之助ゼミナールに所属[1]。大学の先輩に誘われ日本碍子に入社[2]

1986年日本碍子代表取締役社長、1994年代表取締役会長、2002年相談役、2007年特別顧問。多角化路線をとり、エンジニアリング事業、セラミックス事業、電子部品事業、金属事業などを展開し、収益の柱に育てた。一方、連結の経営悪化に伴い、子会社再建等、グループのリストラクチャリングにあたった[3]

1990年日本下水道施設業協会副会長、1993年中部経済連合会副会長、1997年日本ファインセラミックス協会会長、1999年在名古屋フランス名誉領事[4]名古屋都市産業振興公社理事長。

2005年日本国際博覧会誘致を支援[5]

趣味は長唄歌舞伎鑑賞。子供のころから読売ジャイアンツのファン。血液型はA型。二男、一女[6]

脚注[編集]

  1. ^ 1992年7月11日、日経産業新聞
  2. ^ 1992年7月11日、日経産業新聞
  3. ^ 1993年9月28日、日経産業新聞
  4. ^ 1997年6月23日、日経産業新聞、1993年4月29日、日本経済新聞
  5. ^ 1997年5月7日、日本経済新聞
  6. ^ 1992年7月11日、日経産業新聞
先代:
竹見淳一
日本ガイシ社長
1986年 - 1994年
次代:
柴田昌治