小切手帳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小切手帳 (こぎってちょう、checkbook) は、20枚から50枚程度の小切手用紙をつづった冊子。銀行等当座勘定の契約を有する者であれば、当該取引銀行等から交付を受けることができる(ゆうちょ銀行の振替口座小切手払を利用する加入者であれば東京貯金事務センターから郵送される[1])。

小切手の振り出しを記録するため、その小切手と同じ通し番号のついた「耳」と呼ばれる部分に振出日、相手先及び金額を書き込み、小切手本体をミシン目で切り離して交付した後も、保存することができるようになっている。これは、手形帳でもほぼ同様である。

また、小切手の振り出し記録あるいは受取記録をルーズリーフ式の帳面や大学ノート等に記録したものを小切手帳と呼ぶ場合もある。

脚注[編集]

関連項目[編集]