小人ギャラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シュパイアー大聖堂後陣。中央青い屋根の下に並ぶアーチ列が小人ギャラリー。その上の切妻屋根にはロンバルディア帯も見られる。

小人ギャラリー(Zwerggalerie, Dwarf gallery)はロマネスク建築で発生した壁面装飾の一種[1]。建築の文脈においては単にギャラリーとも表記される。

外観はアーチを連続したものであり、内側には通路を持つ[1]。発祥はロンバルディア帯同様イタリアで[1]、ロンバルディア帯の進化系とされる[2]

シュパイアー大聖堂後陣に設けられた小人ギャラリーは“one of the most memorable pieces of Romanesque design”(ロマネスク装飾の最高傑作)と評される[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 辻本敬子/ダーリング常田益代 『ロマネスクの教会堂』、2003年、92-93頁。ISBN 4-309-76027-9
  2. ^ 池田健二 『カラー版 イタリア・ロマネスクへの旅』、2009年、43頁。ISBN 978-4-12-101994-3
  3. ^ Stalley, Roger: Early Medieval Architecture, Oxford University Press, Oxford, Great Britain, 1999, ISBN 0-19-210048-3, p. 197-198