宿曜占星術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宿曜盤

宿曜占星術(すくようせんせいじゅつ、しゅくようせんせいじゅつ)とは、インド占星術をベースにした日本の占星術。

占星術[編集]

月の周期(白道)を27の宿(カテゴリー)と、宿道十二宮(黄道十二宮に近似)に分け、

月の状態によって人の性質や吉凶、また、吉凶となる日をい占うことが出来る。


暦は旧暦で詠む、智慧の菩薩である、文殊菩薩が28の宿をつくり、暦を完成させたと伝えられている。

*作られたのは二十八宿だが、二十七宿で占うことが一般的である。          (この場合、牛宿を抜いて二十七宿とする。)

太陽の運行を中心として黄道十二宮を配する西洋占星術と

月の運行を中心として、宿曜十二宮を配する宿曜占星術は

対照的なものとなっている。


一週間の曜日の語源ともなっている。

起源[編集]

弘法大師の空海が翻訳、もたらした宿曜経(「文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶時日善悪宿曜経」)を

密教徒などが研究した占星術。

道教の概念も取り入れられており、宿曜経そのものは唐で完成したのではないかと言われる。


この占星術をなりわいとするものを宿曜師

この占星術を宿曜道と呼び、

すでにあった陰陽道陰陽師と勢力を二分した。


織田信長も宿曜道を戦に用いたとか、徳川幕府はこれを禁じたとも活用したとも伝えられる。

細川九曜紋[編集]

細川氏九曜をモチーフにした家紋を用いた。


宿曜道の神[編集]

宿曜の本尊

北斗七星

  • 破軍星(はぐんしょう)
  • 武曲星(むごくしょう)
  • 廉貞星(れんじょうしょう)
  • 文曲星(もんごくしょう)
  • 禄存星(ろくぞんしょう)
  • 巨門星(こもんしょう)
  • 貪狼星(とんろうしょう)

九曜

  • 月曜星
  • 火曜星
  • 水曜星
  • 木曜星
  • 金曜星
  • 土曜星
  • 日曜星
  • 計都星(ケートゥ)
  • 羅睺星(ラーフ)

十二宮

女宮、獅子宮、蟹宮、秤宮、夫妻宮、蝎宮、牛宮、弓宮、白羊宮、摩宮、瓶宮、魚宮

二十八宿

昴宿、畢宿、觜宿、参宿、井宿、鬼宿、柳宿、星宿、張宿、翼宿、軫宿、角宿、亢宿、氐宿、 房宿、心宿、尾宿、箕宿、斗宿、牛宿、女宿、虚宿、危宿、室宿、壁宿、奎宿、婁宿、胃宿

参考文献[編集]

『宿曜二十八宿秘密奥儀伝』(慧文社、2008年、ISBN 9784863300132