安藤健太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
安藤健太 Triathlon pictogram.svg
Hpqscan0006 (2).jpg
日本の旗 日本
英語文字表記 KENTA ANDO
誕生日 (1976-11-01) 1976年11月1日(41歳)[1]
出身地 大阪

安藤 健太(あんどう けんた、1976年11月1日[1] - )は日本のトライアスロン選手。2003年に開催されたアジアカップトライアスロンマカオ大会において3位入賞。[2]2004年2月から6か月間の契約でマカオ・トライアスロン協会のナショナルチームのコーチに就任した[3]

タイトル[編集]

  • アジアカップ2006シリーズランキング8位[4]
  • アジアカップ2005シリーズランキング[5]
  • アジアカップ2004シリーズランキング35位[6]
  • 2001,2002JTU強化指定選手C選手[7]
  • 2006 アジア大会ドーハ マカオ代表コーチ[8]

レース結果[編集]

  • 1997 第1回南部アクアスロン大会 2位[9]
  • 1998 トライアスロンin紀の国美山 2位[10]
  • 2000:東京都選手権 優勝 /群馬選手権 優勝 /大阪舞洲トライアスロン 優勝
  • 2001 ITU 2001ITUインターナショナルイベントスビックベイ アジアカップ5位[11]
  • 2002 Asian Cup Series Chinese Taipei[12]
  • 2002 ITUインターナショナルイベントスビックベイ アジアカップ 3位[13]
  • 2004 マレーシア ポートディクソン 優勝 /アジアカップ ITUイベント 香港8位(アジア4位)
  • 2005 ITU Singapore Triathlon Asian Championships 1位 [14]
  • 2005 Asian Cup Tainan 3位[15]
  • 2006 Clark Economic Zone ASTC Duathlon Asian Championships 7位(アジアデュアスロン選手権) [16]
  • 2008 PORT DICKSON INTERNATIONAL TRIATHLON ASIAN CUP SERIES 5位[17]
  • 2009 Brighton Beach International Triathlon 2位[18]

指導歴[編集]

  • 2006年 アジア大会 ドーハ マカオ代表コーチ
  • 2010年 アジア大会 広州 マカオ代表コーチ 
  • 2014年 アジア大会 仁川 マカオ代表コーチ

コーチ成績[編集]

  • 2010年 アジア大会広州 女子4位
  • 2014年 アジア大会仁川 女子5位
  • 2014年 マカオチーム アジア大会仁川 ミックスチームリレー5位
  • 2015年 アクアスロン世界選手権シカゴ エリート女子3位
  • 2016年 アクアスロン世界選手権コズメル エリート女子4位
  • 2016年 アジアカップ スービック エリートU23 2位
  • 2017年 第13回中国全国運動会 オープン女子5位
  • 2017年 マヨン山アジアカップ エリート女子1位
  • 2017年 韓国ソクチョアジアカップ エリート女子1位
  • 2017年 インドネシアパレンバンアジア選手権 エリート女子 5位、エリートU23女子 10位、ミックスリレー6位
  • 2018年 マヨン山アジアカップ エリート女子2位、エリートジュニア男子2位、3位
  • 2018年 アジア大会ジャカルタ、パレンバン 女子3位

有資格[編集]

  • 2012年 ITU Competitive Coach Level2 取得
  • 2014年 Technical National Level Classifire 取得
  • 2017年 ITU Facilitator Stage 2

出典[編集]