宇野正高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宇野正高
基本情報
階級 バンタム級
身長 166㎝
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1946-03-26) 1946年3月26日(73歳)
出身地 愛知県日進市
家族 宇野文子
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 45
勝ち 20
KO勝ち 6
敗け 12
引き分け 12
無効試合 1
テンプレートを表示

宇野 正高(うの まさたか、男性、1946年3月26日 - )は、愛知県日進市出身の元プロボクサー。アマチュアボクシング指導者。最高位は日本バンタム級1位。東海ジム所属。

来歴[編集]

  • 愛知県愛知郡日進町(現日進市)で8人兄弟の7番目として生まれる。1962年12月26日、16歳でプロデビュー。サウスポーのファイターと評された。[文献2 1]
  • 1968年1月、日本スーパーバンタム級で7度の防衛を果たした太郎浦一(新和)にKO勝ちし、脚光を浴びる。[文献3 1]
  • 1968年2月、歴史的強豪と言われたジョー・メデルメキシコ)との一戦が注目を集める。64ラウンドのスパーリングと、弱点であった「目の負傷」に5針縫う手術を受けて備え、引き分けに持ち込んだ。
  • 1968年4月、日本チャンピオンの高木永悟(アベ)とのタイトルマッチ戦。左目の出血によりドクターストップ。7回TKO負けを喫した。
  • 日本バンタム級1位となり、9月にはメキシコに渡り、オクタビオ・ファモソ・ゴメスと対戦。自身初の外国での試合はTKO敗け。
  • 1970年6月1日、引退。
  • 現在は2007年1月にオープンしたアマチュアボクシングジム「ボクシングジムUNO」の会長として、後進の育成に当たっている。

人物・エピソード [編集]

  • ボクシング引退後に始めたゴルフでは、1980年に「第11回東海クラシック」にも出場している(第8回東海マスターズに初参加で予選1位通過。決勝戦は2位で、東海クラシックに推薦出場)。

戦績[編集]

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1962年12月26日 山田 忠(疋田) 日本の旗 日本 東海テレビスタジオ , ※プロデビュー戦
2 1963年1月23日 3R 2分18秒 KO 吉田 勝(疋田) 日本の旗 日本 東海テレビスタジオ
3 1963年2月20日 森島 勝孝(疋田) 日本の旗 日本 東海テレビスタジオ
4 1963年5月29日 望月 練太郎(池田) 日本の旗 日本 豊橋市体育館
5 1963年6月19日 後藤 豊(松田) 日本の旗 日本 守山区民会館
6 1963年6月30日 山形 勝男(中日) 日本の旗 日本 中津川市体育館
7 1963年10月13日 岩田 正夫(中日) 日本の旗 日本 守山区公民館 , ※新人王戦
8 1963年10月23日 野呂 政則(中日) 日本の旗 日本 金山体育館 , ※新人王戦
9 1963年11月10日 宇原 二郎(東海) 日本の旗 日本 金山体育館 , ※新人王戦
10 1963年11月20日 塚本 敏信(東海) 日本の旗 日本 金山体育館 , ※新人王戦
11 1963年12月18日 森島 勝幸(疋田) 日本の旗 日本 金山体育館
12 1964年1月19日 大阪 秀樹(松田) 日本の旗 日本 金山体育館
13 1964年3月18日 植木 仁美(松田) 日本の旗 日本 金山体育館
14 1964年5月10日 大阪 秀樹(松田) 日本の旗 日本 一宮市体育館
15 1964年7月26日 松本 五郎(中外) 日本の旗 日本 豊川市体育館
16 1964年9月27日 田畑 祐勝(中外) 日本の旗 日本 トヨタ自動車体育館
17 1965年2月14日 若山 道生(松田) 日本の旗 日本 金山体育館
18 1965年5月18日 ヘンリー・中島(大阪新和) 日本の旗 日本 愛知県体育館
19 1965年7月11日 4R 2分30秒 KO 田中 実(大拳) 日本の旗 日本 豊橋体育館
20 1965年11月4日 山根 正博(AO) 日本の旗 日本 九電記念体育館
21 1965年12月26日 対島 忠彦(大阪帝拳) 日本の旗 日本 金山体育館
22 1966年2月15日 5R2分27秒 KO 布施 憲二(中日) 日本の旗 日本 愛知県体育館
23 1966年3月20日 布施 憲二(中日) 日本の旗 日本 金山体育館
24 1966年5月29日 布施 憲二(中日) 日本の旗 日本 半田市民ホール
25 1966年10月13日 田中 金蔵(辰巳) 日本の旗 日本 岐阜市民センター
26 1966年12月4日 原田 勝広(笹崎) 日本の旗 日本 半田市民ホール
27 1967年2月5日 6R 2分 KO 熊沢 春樹(ヨネクラ) 日本の旗 日本 浜松市体育館
28 1967年3月5日 韮沢 重夫(不二) 日本の旗 日本 後楽園ホール
29 1967年5月31日 アルバート・レイス( - ) フィリピンの旗 フィリピン 金山体育館
30 1967年7月12日 高木 永伍(アベ) 日本の旗 日本 金山体育館
31 1967年9月6日 湯通堂 清秀(極東) 日本の旗 日本 金山体育館
32 1967年10月25日 バーナベ・フェルナンデス( - ) フィリピンの旗 フィリピン 金山体育館
33 1967年11月26日 6R KO 乙守 洋(笹崎) 日本の旗 日本 金山体育館
34 1968年1月10日 8R 0分59秒 KO 太郎浦 一(新和) 日本の旗 日本 金山体育館
35 1968年2月7日 ジョー・メデル( - ) メキシコの旗 メキシコ 金山体育館
36 1968年3月13日 ルディ・ベンツン( - ) フィリピンの旗 フィリピン 金山体育館
37 1968年4月11日 高木 永伍(アベ) 日本の旗 日本 福島県立体育館 , ※バンタム級タイトルマッチ
38 1968年7月10日 金沢和良(アベ) 日本の旗 日本 西尾市体育館
39 1968年8月28日 津金沢 記一(ヨネクラ) 日本の旗 日本 岐阜市民ホール
40 1968年9月21日 オクタビオ・ファモソ・ゴメス( - ) メキシコの旗 メキシコ
41 1968年10月30日 無効試合 中島 健次郎(船橋) 日本の旗 日本 四日市市体育館
42 1968年12月18日 太郎浦 一(新和) 日本の旗 日本 金山体育館
43 1969年3月12日 牛若丸 原田(笹崎) 日本の旗 日本 金山体育館
44 1969年7月30日 長谷川 俊正(京浜) 日本の旗 日本 富山市体育館
45 1969年9月24日 サルトビ小山(笹崎) 日本の旗 日本 愛知県碧南体育館
テンプレート

関連項目[編集]

家族[編集]

参考文献[編集]

  • KKベストセラーズ社刊「ボクシング・ワールド」2007年2月号。P124
  1. ^ 124頁下段
  • ベースボールマガジン社刊「日本の名ボクサー100選」2013年6月号。P103
  1. ^ 103頁上段
  • フィットネススポーツ社刊「ボクシング・ビート」2018年11月号。P110&P111
  1. ^ 110頁下段 111頁一面

外部リンク[編集]