大雄峯会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大雄峯会(だいゆうほうかい)は、1929年昭和4年)に当時の関東州大連で20歳代の帝国大学出身の南満州鉄道社員を中心に結成された右翼団体大川周明門下の笠木良明らが率いた。

仏教的精神主義にもとづく、日本内地の革新と大アジア主義をめざしていた[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ 清水亮太郎「満洲国統治機構における宣伝・宣撫工作」『戦史研究年報』第17号、防衛省防衛研究所, 2014年[1]
  2. ^ 『植民地帝国人物叢書』第47巻 満洲編8, 笠木良明遺芳録刊行会編