大胡祇園まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神馬と天狗
暴れ獅子

大胡祇園まつり(おおごぎおんまつり)は群馬県前橋市大胡地区を中心に行われる大胡神社の祭礼。

疫病退散を祈願する祇園祭のひとつ。「おぎおん」。毎年7月最終の土曜・日曜2日間で行われる。大胡町の中心を貫く下町(しもちょう)通りを塞ぐことになるため、交通確保のために一時期行われなくなり衰退したが、バイパスの開通によって復活した。以前は27-28日の日付固定で行われていたが、生活習慣の変化から現在では土曜・日曜に行われるようになった。

場所[編集]

JA前橋市大胡支所広場・しののめ信用金庫駐車場をメイン会場とし、両会場とそれをつなぐ下町通りにおいて各種行事が行われる。

行事[編集]

  • 太々神楽(前橋市重要無形民俗文化財)
  • 神輿巡行
天王さま(牛頭天王)の神輿が神馬と天狗(猿田彦)の先導で町内を巡行する。
  • だんべえ踊り(よさこいソーランの群馬版)
  • 暴れ獅子
約160年の歴史がある勇壮な行事。最終日の夕刻、商店や住宅を1軒1軒まわって門口で病魔退散を祈願して「暴れる」。

外部リンク[編集]