大和田刑場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
付近の浅川

大和田刑場(おおわだけいじょう)は、東京都八王子市にあった刑場跡地にはカレッジタウンが建つ[要出典]江戸の三大刑場に数えられる。

概要[編集]

八王子市大和田町大和田橋南詰付近の浅川河原に位置していた。元禄期には高さ五尺の塀が設置されており、牢屋が設置されていた[1]。刑場跡地には工場が建設され操業していたが、事故が相次いだことから1954年昭和29年)に大和田刑場跡の慰霊碑を建立した。その後工場は閉鎖し、跡地にはカレッジタウンが建設された。江戸時代には鈴ヶ森刑場小塚原刑場と並び三大刑場として知られていた。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新八王子市史 資料編3

関連項目[編集]