大入道山車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
四日市祭の大入道

大入道山車 (おおにゅうどうだし) は、三重県四日市市に伝わる、大入道からくり人形を乗せた山車。からくり人形は身の丈3.9m、首の長さ最長2.2mの日本最大の大きさを誇る。[1]1976年昭和51年)3月31日に三重県有形民俗文化財に指定[2]

諏訪神社氏子町の一つである桶之町(現在の中納屋町)が、文化年間に製作したとされ[3]、現在の山車は、明治初期に作られたもの。四日市市のシンボルキャラクターになっている。マーチャンダイズも様々な形で行われており、大入道を模したゆるキャラの'こにゅうどうくん'も存在する。[4]

毎年10月開催の諏訪神社祭礼四日市祭、毎年8月の第1土・日曜日に開催の「大四日市まつり」で曳き出され[5]、中納屋町の大入道保存会の人形師が、首を伸ばしたり倒したり、舌を出したり、目や眉を動かしたり、と滑稽な動きを演じる[6][7][8]

脚注[編集]

  1. ^ 大入道・中納屋町
  2. ^ 大入道山車 - 四日市市ウェブサイト
  3. ^ 大入道・中納屋町
  4. ^ ゆるキャラグランプリ2019
  5. ^ 三重県で、首のなが~い"大入道"が現れる「大四日市まつり」開催
  6. ^ 大四日市まつり 大入道
  7. ^ 大四日市まつり2012  大入道
  8. ^ 【日本一のからくり山車】大入道演技【首曲がる】

外部リンク[編集]