坂本実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
坂本 実
さかもと みのる
生年月日 1904年7月9日
出生地 日本の旗 日本 山口県豊浦郡岡枝村(現・下関市菊川町
没年月日 (1970-02-06) 1970年2月6日(65歳没)
出身校 山口高等商業学校(現・山口大学経済学部)卒業
所属政党 日本自由党
民主自由党
子女 坂本忠雄(長男)
親族 松岡満寿男(長女の夫)

選挙区 旧山口1区
当選回数 3回
在任期間 1946年 - 1952年
テンプレートを表示

坂本 実(さかもと みのる、1904年7月9日 - 1970年2月6日[1])は日本政治家実業家衆議院議員(3期)。

略歴[編集]

政歴[編集]

人物[編集]

  • 民間の実業家出身で、経済問題に詳しく、戦後の吉田茂首相の内閣のもと農政を中心に活躍。
  • 1946年の総選挙で初当選を果たす。以後衆院農林委員長、農林政務次官等を歴任。
  • 自由党内の派閥は当初久原房之助の派閥に属する。
  • 長男坂本忠雄は文芸雑誌新潮元編集長。長女静子は元参議院議員松岡満寿男に嫁ぐ。

著書[編集]

  • 『アメリカの農業と農村-アメリカ視察紀-』1951年

脚注[編集]

  1. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』291頁。

参考文献[編集]

  • 佐藤榮作 著 伊藤隆 監修『佐藤栄作日記』 朝日新聞社, 1998.11
  • 古川薫 著『惑星が行く―久原房之助伝-』日経BP社,2004-08-02
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

関連項目[編集]