坂口直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂口 直樹(さかぐち なおき、1977年5月21日 - )は、日本の書家・詩人・世界遺産広島県宮島観光大使・シンガーソングライター・料理アドバイザー。本名は同じ。その時々の活動スタイルに応じて、3つの名前を使い分けている。 書家としての雅号は、坂口赤道(せきどう)この名は、地球儀上の赤道のように、熱き情熱の書家として、世界中を駆け巡れ、との思いを込めて、複数の書道家の先達に名づけられる。詩人としてのニックネームは、ぐっち。この名は、メモリアルポエムを、書く際によく用いられる。メモリアルポエムとは、坂口直樹本人が、命名漢字辞典などを、ほぼ暗記している特性を活かし、日本最速で、苗字から名前までの漢字を全て順に織り込みながら、感動の即興詩を、約2分で書き上げる、作品制作のことである。その他、作詞家・シンガーソングライター・料理アドバイザーの活動の際は、本名の、坂口直樹の名で活動している。

来歴[編集]

広島県庄原市出身 同市 本小学校卒(現在は廃校) 同市 庄原中学校卒 同市 庄原格致高校卒

広島県酔心調理師専門学校卒

両親の教育方針により、4歳から料理、5歳から書道、9歳から剣道を始め、現在も続けている。 調理師専門学校時代から、ストリート詩人の先駆者として、広島県の繁華街にて、活動を開始し、全国を行脚。 同時に始めたストリートミュージシャンとしても、多くのライブを主催。 24歳で、活動拠点を横浜に移す。 メモリアルポエムを、商標登録し、本格的に詩人として全国での活動を開始。

近況[編集]

2012年  世界遺産宮島・大聖院(真言宗御室派大本山)にて、坂口直樹書画作品展「動」個展開催

イギリス(ロンドン)expo国際イベントへ、ゲスト出演 大筆揮毫パフォーマンスを披露 海外の方を対象にした書き下ろしを開催

百貨店 大丸・京都店100周年記念イベントにて書き下ろしと、作品展示

2013年 ドイツ(ハノーバー)・アメリカ(ヒューストン)expo国際イベントへ、ゲスト出演 大筆揮毫パフォーマンスを披露 海外の方を対象にした書き下ろしを開催

広島県庄原市東城町 国登録有形文化財 三楽荘にて、坂口直樹書画創造展「楽」個展開催

楽曲[編集]

坂口直樹 1stアルバム 空の青さと太陽を! 2ndアルバム 唯我独唱   

作詞及び作曲提供アーティスト

佐川由紀子・さとうのぶひこ・叶さき・他

特技[編集]

剣道をこよなく愛しており、逆二刀流という、珍しい構えを得意とする。

外部リンク[編集]