土用の間日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

土用の間日(どようのまび)は、土用の期間の中で特別に設けられた日。土用中は忌む、土を動かす作業をしても問題ないとされた。

成立[編集]

土用は、土公神という土の神が支配する期間とされたため、動土、穴掘りなどが忌み嫌われていた。しかし、一般の仕事に支障が出るために、間日が設けられる。この間日には、土公神は文殊菩薩に招かれて天上に行くので、地上にはいなくなるという。

それぞれの土用の間日[編集]

季節ごとの土用について、十二支の日で決まっている。

関連項目[編集]