噴気孔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

噴気孔(ふんきこう)とは、気体が噴き出すのことである。

海生哺乳類の噴気孔[編集]

クジラ目では鼻の穴であるが頭頂部にあり、噴気孔(ふんきこう、blowhole)または潮吹き穴とも呼ばれる。種類により1つであったり2つであったりする。開閉が可能で、噴気孔を開けて空気を吸い潜水する時などは噴気孔を閉じ水の浸入を防ぐことができる。

そのほかクジラは高い音(いわゆる)を発する時もこの噴気孔を使用する。

火山活動に関係する噴気孔[編集]

伽藍岳の噴気地帯

噴気孔(ふんきこう、fumarole)とは、火山活動およびそれに伴う熱水活動によってガスが噴出する穴。噴気口とも表記する。溶岩なども噴出する穴は火口と呼ばれるが、両者は単純にサイズによって大まかに使い分けられる。噴気孔が拡大して火口となり噴火に至る事例もあるし、噴気孔が拡大して火口と呼ばれるようになるが噴火したことがない火口というのも存在する(伽藍岳など)。

噴気の成分は、水蒸気や二酸化炭素が主であるが、噴気中に硫黄分が多い場合では周囲に純度の高い硫黄が結晶するために硫黄鉱山として開発されることがある(日本各地の硫黄山硫黄島を参照)。また硫化水素二酸化硫黄を多く含む場合は、しばしば観光客の中毒死の原因となることがある。

関連項目[編集]