名鉄サ2250形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名鉄サ2250形電車(めいてつサ2250がたでんしゃ)は名古屋鉄道(名鉄)の電車で、付随車の一形式である。年代によって以下の3種類が存在する。

  • 名鉄サ2250形電車 (初代) - 近江鉄道からクハニ23・クハユ25を譲り受けたもので、サ2253・サ2255(後にサ2251・サ2252に改番)の2両。1943年 - 1960年在籍。廃車により形式消滅。
  • 名鉄サ2250形電車 (2代) - モ3250形・ク2250形からの改造車で、サ2251 - サ2253の3両。1967年 - 1969年在籍。廃車により形式消滅。
  • 名鉄サ2250形電車 (3代) - 2200系の付随車で、2010年現在サ2251 - サ2259の9両。2005年 - 在籍。