名色スキー場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名色スキー場(なしきスキーじょう)は、兵庫県豊岡市神鍋高原にあったスキー場である。2010年のシーズンを最後に廃業した[1][2]

概要[編集]

1966年にオープンし、ピーク時には5万人を超える人でにぎわった[2]

2004年は台風23号により大きな被害を受けた[3][4]。また、ここ数年は温暖化の影響などでオープンに十分な積雪を得られないこともあったという[2]

特徴[編集]

神鍋山の外輪山に位置し、下部に初・中級者向け、上部に中・上級者向けのコースが配置され、最大40度の斜面を誇った。

コース[編集]

7本のリフト、5つのコースがあった[5][6]。台風の被害を受けた2004年度シーズンおよび2005年度シーズンは、下部にある3本のリフト、2つのゲレンデのみで営業し[7][8]、その後、4本のリフトまで戻ったが[9]、末期は3本のリフト、3つのゲレンデの営業となっていた[2]

  • リフト本数― 7本
  • 最長滑走距離― 2.2km
  • 総コース数― 6コース
  • 最大斜度― 40度 (馬の背コース)
  • 標高トップ― 810m
  • 標高ボトム― 320m
  • コース難易度― 初級50%・中級30%・上級20%
  • スノーボード― 全面滑走可

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]