古川雅純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
古川 雅純
Replace this image JA.svg
基本情報
本名 古川 雅純
階級 フライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1976-05-27) 1976年5月27日(42歳)
出身地 東京都中央区
プロボクシング戦績
総試合数 18
勝ち 8
KO勝ち 3
敗け 8
引き分け 2
テンプレートを表示

古川 雅純(ふるかわ まさずみ、1976年5月27日 - )は、東京都中央区出身の日本の実業家、フィリピンの元プロボクサーWBCアジアシルバーフライ級王者)、日本の元プロボクサーである。キクチボクシングジムを経て、ユナイテッドボクシングジムに所属する。

株式会社フューチャー・リレーション、千葉電力株式会社の経営者を務める。

来歴[編集]

辰吉丈一郎に感銘を受けて16歳でボクシングを始めた。アマチュアで4戦後(4勝3RSC、KO)、21歳でプロデビュー戦を2ラウンドKO勝ちした。1998年、東日本新人王戦にフライ級で出場するも2回戦で敗退した[注釈 1]2001年11月、当時日本ランク5位の仲田瑞男と8回戦を行い判定負けした。この試合を最後に日本のボクシングから引退した。

その後、飲食店舗、太陽光発電の営業会社を経て、2006年5月に株式会社フューチャー・リレーションを設立し太陽光発電などの省エネ機器の販売を関東地方にて展開した。2015年2月に千葉電力株式会社を設立した。2016年4月に登録小売電気事業者となり、千葉県を中心に電力小売り事業を展開する。

事業展開の傍ら2015年4月に再度ボクシングを始め、同月(当時38歳)に13年ぶりにフィリピンにてフィリペ・ガブコブJrと対戦するが判定負けした。2016年6月、40歳の時にゲボイ・マンサラヤオとアジアボクシング評議会(ABCO)シルバーフライ級タイトルマッチ[1]を行い1ラウンドKO勝ちで新チャンピオンとなった。[2][3]

2017年9月引退表明。

戦績[編集]

獲得タイトル[編集]

  • ABCOシルバーフライ級王者

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この年のフライ級の新人王内藤大助である。

出典[編集]

外部リンク[編集]