古今亭志ん好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古今亭 志ん好(ここんてい しんこう)は、落語名跡。当代は五代目。

4代目[編集]

四代目 古今亭ここんてい こう
本名 川島 信雄
生年月日 1901年8月1日
没年月日 (1994-07-30) 1994年7月30日(92歳没)
出身地 日本の旗 日本
師匠 二代目三遊亭金馬
初代柳家三語楼
五代目古今亭志ん生
名跡 1. 三遊亭金魚
(1920年 - 1926年)
2. 柳家金語
(1926年 - 1931年)
3. 初代柳家三寿
(1931年 - ?)
4. 四代目古今亭志ん好
(1952年 - 1994年)
出囃子 おいとこ
活動期間 1920年 - ?
1952年 - 1994年
所属 三語楼協会

四代目 古今亭 志ん好(ここんてい しんこう、1901年8月1日 - 1994年7月30日)は落語家音曲師。本名∶川島 信雄東京金竜小卒業。出囃子は『おいとこ』。

経歴[編集]

人物[編集]

八代目雷門助六の没後は落語界最長老となった。明治に生まれ育った最後の噺家である。

芸は音曲から艶笑噺漫談、珍芸のタコの茹で上がりなど多かった。録音も多数残している。

5代目[編集]

五代目 古今亭ここんてい こう
五代目 .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}古今亭(ここんてい) .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}志(し)ん.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}好(こう)
古今亭志ん好の定紋「鬼ツタ」
本名 安部あべ 利昭としあき
生年月日 (1977-02-26) 1977年2月26日(44歳)
出身地 日本の旗 日本静岡県藤枝市
師匠 初代古今亭志ん五
六代目古今亭志ん橋
名跡 1. 古今亭いち五
(1999年 - 2003年)
2. 古今亭志ん公
(2003年 - 2014年)
3. 五代目古今亭志ん好
(2014年 - )
出囃子 梅が枝
活動期間 1999年 -
所属 落語協会
受賞歴
第7回岡本マキ賞(2002年)

五代目 古今亭 志ん好(ここんてい しんこう、1977年2月26日 - )は静岡県藤枝市出身の落語家。本名∶安部 利昭。出囃子∶『梅が枝』。

経歴[編集]

静岡県藤枝市立西益津小学校静岡県藤枝市立西益津中学校静岡県立焼津中央高校国士舘大学政経学部政治学科卒業。

1999年3月、初代古今亭志ん五に入門、古今亭いち五となる。2002年き第7回岡本マキ賞を受賞。

2003年5月に古今亭朝太桂才紫三遊亭司と共に二ツ目昇進。古今亭志ん公に改名。自身はこの時点で志ん好襲名を希望したが、師匠に「志ん好は真打の名前だから」と却下される。2010年に師匠志ん五が死去し、古今亭志ん橋門下に移籍。

2014年3月21日に三代目柳家東三楼四代目柳家三語楼三遊亭究斗三代目桂やまとと共に真打昇進。五代目古今亭志ん好襲名。

外部リンク[編集]