単純接触効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

単純接触効果(たんじゅんせっしょくこうか、: mere exposure effect)は、(閾下であっても)繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果。1968年、アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが論文 Zajonc (1968) にまとめ、知られるようになった[1]

ザイアンスの単純接触効果ザイアンスの法則とも呼ばれる。対人関係については熟知性の原則と呼ばれる[2]

概要[編集]

初めのうちは興味がなかったり、苦手だったりしたものも、何度も見たり、聞いたりすると、次第によい感情が起こるようになってくる、という効果。たとえば、よく会う人や、何度も聞いている音楽は、好きになっていく。これは、見たり聞いたりすることで作られる潜在記憶が、印象評価に誤って帰属されるという、知覚的流暢性誤帰属説misattribution of perceptual fluency)で説明されている。また、潜在学習や概念形成といったはたらきもかかわっているとされる。

図形や、漢字、衣服、味やにおいなど、いろいろなものに対して起こる。広告の効果も、単純接触効果によるところが大きい。CMでの露出が多いほど単純接触効果が起きて、よい商品だと思ったり欲しくなったりするのである。

出典[編集]

  1. ^ 生駒 2005.
  2. ^ 神岡真司『ヤバい心理学』2013年、日本文芸社。92頁

参考文献[編集]

  • Zajonc, Robert B. (1968). “Attitudinal effects of mere exposure”. Journal of Personality and Social Psychology 9 (2, Pt.2): 1–27. doi:10.1037/h0025848. ISSN 1939-1315. 
  • 生駒, 忍 (2005). “潜在記憶現象としての単純接触効果”. 認知心理学研究 3 (1): 113–131. doi:10.5265/jcogpsy.3.113. 
  • 宮本聡介・太田信夫編著 『単純接触効果研究の最前線』 北大路書房、2008年ISBN 9784762826016

外部リンク[編集]