勝瀬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 埼玉県 > 富士見市 > 勝瀬
勝瀬
勝瀬の位置(埼玉県内)
勝瀬
勝瀬
勝瀬の位置
北緯35度51分51.73秒 東経139度32分6.95秒 / 北緯35.8643694度 東経139.5352639度 / 35.8643694; 139.5352639
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Fujimi, Saitama.svg 富士見市
人口
2017年(平成29年)9月30日現在)[1]
 • 合計 1,721人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
354-0031[2]
市外局番 049[3]
ナンバープレート 所沢

勝瀬(かつせ)は、埼玉県富士見市の地名(大字)である。川越街道国道254号)沿いに飛地が存在する。郵便番号は354-0031[2]

地理[編集]

富士見市の北部に位置する。町域の東部は新河岸川沿いの沖積平野、西部の飛地は武蔵野台地に立地する[4]。飛地は2ヶ所[5]有する。

河川・池沼

新河岸川は町域から僅かに外れている[6]

小字
  • 屋敷廻り[7]
  • 宮回
  • 伊佐島
  • 茶立久保
山岳
  • お舟山[8]

歴史[編集]

かつての勝瀬村の区域が大字勝瀬であったが、ふじみ野駅周辺の町名変更により範囲は狭まっている。

沿革[編集]

もとは江戸期より存在する勝瀬村、古くは戦国期に見られる郷村名の勝瀬村であった[4]。村名の由来は新河岸川の瀬に因むと云われている。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)9月30日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
勝瀬 708世帯 1,721人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[13]

番地 小学校 中学校
茶立久保(1581~1634番地)を除く 富士見市立勝瀬小学校 富士見市立勝瀬中学校

交通[編集]

地内を通る鉄道はない。かつて勝瀬の一部だったふじみ野東東武東上本線ふじみ野駅があり、同駅が最寄り駅となっている。

道路[編集]

施設[編集]

保育所
  • 勝瀬こばと保育園
教育
寺社
  • 大願寺
  • 榛名神社
  • 護国寺
  • 恵光寺
  • 浄光寺
その他
  • 富士見ガーデンビーチ - プール。
  • 富士見市立勝瀬西集会所
  • 富士見勝瀬郵便局
  • 老人保健施設葵の園富士見
  • 衛生組合富士見環境センター
  • 志木地区衛生組合リサイクルプラザ利彩館

史跡[編集]

  • 伊佐島/勝瀬 河岸跡(舟運遺構)

出身有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成29年度の富士見市の人口・世帯数”. 富士見市 (2017年10月10日). 2017年10月27日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年10月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ a b c 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』233-234頁。
  5. ^ もう一つの飛地はふじみ野市ふじみ野2丁目の亀久保小学校付近に存在する。
  6. ^ 地図によっては新河岸川の流路上に勝瀬との境界線が引かれているものもある。
  7. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1393頁。
  8. ^ No,3・・・勝瀬に残る山”. 富士見市. 2017年5月4日閲覧。
  9. ^ a b c 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1423頁。
  10. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1138-1140頁。
  11. ^ ふじみ野駅 - 東武鉄道. 2017年12月8日閲覧。
  12. ^ 大字勝瀬の一部の地名(町名)が「ふじみ野西(東)」になります”. 富士見市. 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月4日閲覧。
  13. ^ 通学区”. 富士見市. 2017年10月27日閲覧。
  14. ^ 本人の公式ブログ「ももパワー充電所」の2015年2月25日の投稿(2017年5月4日閲覧)
  15. ^ 埼玉新聞2017年4月7日朝刊18面

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104

関連項目[編集]